楽しい会話

こんにちは。昨日、東京では桜が満開でした。
みなさまのお住いの地域ではいかがでしたか?

会話、あいずち、そだねー

本日は会話についてお話させていただきたいと思います。

私は人と会話することがとても楽しみなのですが、
会話をすることが苦痛と感じている人も多いようです。

 

会話がどうしても気まずくなったり、つまらない方向にいきがちな人は
「物事はこうでなければいけない。こうであってはならない。」
など、ご自身の発言に制限をかけている場合が多いように思います。

 

ですが、こうあるべきに当てはまるのは
ただ1つ「発言は自由であるべき。」ではないでしょうか。

 

あなたがあなたらしい発言をし、その場を楽しむことができれば
お相手も必ず楽しと感じています。

 

会話をするうえで大切なことは、どんな話をするのかではなく
お互いにどんな気分を感じているかだと思っています。

 

そして、もう1つ大切なことは、あなたの発言を相手がどう受け取ったかは
相手の課題です。【アドラー心理学・課題の分離】
相手の受け取りかたには、その人の生い立ちなど、さまざまな要素が入り交じっている
ので、発言したあなたとは、まったく関係がありません。

 

たしかに会話などによる人との関わりを避けていれば
傷ついたり、嫌な思いをしなくてすむので楽なのかもしれません。
けれど同時に、楽しい会話ができたり、信頼関係を築けた喜びを感じることもなくなってしまいます。

 

そうして会話を積み重ねていくうちに、自分にとって本当に大切な人間関係というものが
見えてくるのではないでしょうか。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

投稿者プロフィール

藤波映子カウンセラー
藤波映子くれたけ心理相談室(浦安支部)心理カウンセラー
くれたけ心理相談室(浦安支部)心理カウンセラー 
千葉県浦安市を中心にカフェ、訪問、お電話、スカイプ等でご相談を承ります。ひとりひとりに寄り添い、ていねいに対応させていただきます。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

相性より大切なこと